【2020年最新】戸隠神社を観光!見どころ・ご利益をご紹介

 

戸隠神社奥社の杉並木

 

観光地としてはもちろん、強力なパワースポットとしても評価が高く様々なツアーが組まれている戸隠神社(とがくしじんじゃ)は長野県北西部の戸隠山の周辺に位置します。

 

当サイト(ご利益の神様)ではこの山全体がパワースポットである戸隠神社を訪れ、そしてその見どころを調査してきました。

 

戸隠神社はもちろんのこと、戸隠山全体が素晴らしい気で充満しているので、あなたも訪れればきっと、心が浄化されていくような高揚感を味わうことができると思います。

 

(この記事は約4分で読めます)

 

 

目次

 

まずは戸隠神社の歴史を確認

戸隠神社は「宝光社」「火之御子社」「中社」「奥社」「九頭龍社」の5つから構成されています。

 

天の岩戸開きに関わった神々がそれぞれに祀られています。古の時代、天照大御神(アマテラスオオミカミ)が弟の素戔鳴尊(スサノオノミコト)の暴虐に怒り、岩戸に隠れてしまい世界は闇で覆われて、数々の厄災が湧き起こりました。

 

そこで岩戸から天照大神を出てきてもらうように務めて、世界に光を戻したのか戸隠神社に祀られている神々なのです。

 

2000年以上の歴史を持つ戸隠神社ですが、比叡山・高野山と共に「三千坊三山」と呼ばれるほど多くの修験者や参拝者を集めた歴史を持ちます。

 

平安後期以降は天台密教・真言密教・神道があわさった神仏混淆の戸隠山勧修院顕光寺として全国にその名を轟かせました。

 

如何に戸隠神社の霊的な力が強いのかを理解できるエピソードですね。

 

ご利益を得る最適ルートをご紹介します!

 

筆者は「@宝光社(ほうこうしゃ)」→「A火之御子社(ひのみこしゃ)」→「B中社(ちゅうしゃ)」→「(C奥社(おくしゃ))→「D九頭龍社」の順番に戸隠神社を巡りました。

 

戸隠神社は5つ全て巡ると、バランスよく運気を向上させることができると言われているので是非とも、全て巡りたいですよね!筆者の巡ったルートが皆様の参考になれば幸いです。

 

【戸隠神社までのアクセス】

  • 電車の場合、「JR長野駅」よりバスで約1時間
  • 車の場合、上信越自動車道「長野IC」より約1時間。「信濃町IC」より約30分。

戸隠神社のアクセスマップ

 

学芸、安産、女性・子供にご利益がある宝光社

 

戸隠神社の宝光社

 

宝光社に祀られている天表春命(あめのうわはるのみこと)は「学問」「技芸」「裁縫」「安産」「女性や子供の守り神」のご利益を与えてくれます。

 

元々は奥社に祀られていましたが、1058年に現在の地に移されました。社殿は古の時代の面影を強く残し、多くの信仰心が寄せられています。

 

大切な受験勉強を控えている方、出産を控えている方へ効果的なご利益を得ることができるでしょう。

 

この宝光社は女性のために作られた歴史を持ちます。今では多くの女性客が訪れる戸隠神社ですが、かつては女人禁制とされていました。そこで1058年(康平5年)、奥社に祀られていた天表春命がこの地へ飛来して、「ここなら四季を通して老若男女が参拝できるので社を建て、我を安置せよ」と命じたために宝光社が作られました。

 

その後、宝光社は数々の争いに巻き込まれ続けました。戦国時代には武田氏と上杉氏との争いに巻き込まれました。

 

江戸時代には真言宗系の本拠地となり、中社の天台宗系と争っていた時代もあります。明治時代に施行された神仏分離令で「神社」となったことで、争いの歴史にピリオドを打つ事ができました。

 

なお宝光社を訪れる際には急傾斜の階段が存在するので、サンダルやハイヒールで訪れることをオススメできません。石畳は全部で270余段ありますので足元が不安定になりやすい履物では大変危険です。安全のためにもスニーカーのような歩きやすい履物を選んで下さい。

 

 

宝光社の階段

階段の傾斜は想像以上にきつい…!

 

なお、体力に自陣がない場合は「女道」という回避路もありますのでご安心下さい!
また階段の途中にも小さな社が2つあるので、小休憩を取ることもできます。自分のペースでお参りましょう。

 

【祭日】

  • 祈年祭:5月16日
  • 例大祭:8月16日
  • 新嘗祭:11月24日

 

【宝光社へのアクセス】
宝光社には約20台分の駐車場が用意されています。冬季は雪のために利用できない可能性があるのでご注意下さい。

 

芸能・縁結び・火防にご利益がある火之御子社

 

戸隠神社の火之御子社

 

火之御子社に祀られている天鈿女命(あめのうずめのみこと)は「舞台・芸能」「火防」のご利益を与えてくれます。

 

天鈿女命が岩戸に隠れた天照大神を自身の舞で誘いだした功績を持つことから、特に芸能上達のご利益を期待することができます。これから芸能界を志す方には最適な社でしょうね。

 

天鈿女命が舞ったとされている戸隠神社太々御神楽は「長野市指定無形民俗文化財」にも指定され、神職家当主とその指定に受け継がれています。戸隠神社太々御神楽は「降神の舞」「水継ぎの舞」「身滌の舞」「巫子舞」「御返幣の舞」「吉備楽の舞」「三剣の舞」「弓矢の舞」「岩戸開きの舞」「直会の舞」で構成されています。

 

「祈年祭」「例大祭」「新嘗祭」らの諸祭を含めて、年間70回ほど披露されます。観覧は無料なので火之御子社に訪れた際は是非、楽しんでください。

 

この火之御子社は、戸隠神社が神仏混淆であった時代も例外としてずっと「神社」の体裁を取り続けました。それ故に建築物も神社の様式を汲んでいることを感じ取れることができます。

 

【祭日】

  • 祈年祭:5月18日
  • 例大祭:8月18日
  • 新嘗祭:11月18日

 

【火之御子社へのアクセス】
火之御子社には鳥居前に3台分の駐車場が用意されています。冬季は雪のために利用できない可能性があるのでご注意下さい。

 

学業・商売・開運・厄除け・家内安全にご利益がある中社

 

戸隠神社の中社

 

中社に祀られている天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)は「学業成就」「商売繁盛」「開」「厄除」「家内安全」のご利益を与えてくれます。

 

天八意思兼命は戸隠神社太々御神楽を創案した知恵深い神です。受験や試験への合格を望まれている方に最適なご利益が得られるでしょう。

 

中社の三本杉

高くそびえ立つ三本杉

 

中社を訪れた際は御神木として崇められている三本杉から神聖な力を分け与えてもらうのも良いでしょう。

 

古の時代、漁師が誤って人魚を殺してしまいました。漁師は人魚の肉を持ち帰り家の中に隠していたのですがある日、空腹に耐えかねた自身の子供たちが食べてしまいました。みるみる子供たちは人魚に変身してしまい、漁師が自身の贖罪のために杉を植えたことから三本杉が誕生したと言われています。

 

中社の三本杉立札

樹齢800年を超えているため枝が落ちてくることもあり、杉周囲は駐車禁止となっている

 

中社で販売されているおみくじは通常の神社で販売されているものと異なるので、訪れた際は是非とも購入を検討してください。

 

購入する際には年齢と性別を伝えます。その後、通常ではおみくじを神社に結んで帰りますが、戸隠神社で販売されているものは持ち帰り日常の指標にすることが推奨されています。

 

【中社へのアクセス】
中社には約100台分の駐車場が用意されています。冬季は雪のために利用できない可能性があるのでご注意下さい。またマイクロバス以上の大型車両は「西参道入口駐車場」には入場できませんので、「中社西駐車場」をご利用ください。

 

五穀豊熟・開運・心願成就・スポーツ必勝のご利益がある奥社

 

戸隠神社の奥社鳥居

 

奥社に祀られている天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)は「五穀豊熟」「開運」「心願成就」「スポーツ必勝」のご利益を与えてくれます。

 

天手力雄命は天照大神が隠れた岩戸を持ち前の怪力でこじあけました。そして天手力雄命が投げ飛ばした岩戸が現在の戸隠山になったと言われています。

 

5社の中で最も力が強いので、スポーツ大会などの勝負事を控えている人には最適なパワースポットでしょう。

 

この奥社の本社に辿り着くためには2kmの参道を抜けていくのですが、途中の杉並木は日本屈指のパワースポットなので日本屈指の龍穴(気が充満している場所)なので、身体中に力が充満してくるでしょう。

 

ちなみに天皇陛下が暮らす皇居も龍穴に位置しているのは決して、偶然ではないでしょう。

 

樹齢400年を超え、天然記念物にも指定されている巨大な杉並木道を楽しみながら身体に溜まった邪気を浄化させていきましょう。

 

奥社の随神門

参道も中盤になると随神門に到着します。ここをくぐり抜けると杉並木に到着します。

ちなみに随神門に到着するまでS字を描きながら歩くと気をよく吸収できる。

 

奥社の杉並木

戸隠神社の代名詞とも言える杉並木。日本屈指の龍穴のパワーを感じましょう

 

奥社への道のり

この階段を登りきれば奥社までもう少し!

 

奥社本殿

奥社の本殿はエネルギー持っているので祈りがよく通ります。

心を鎮めて願い事をはっきりと思い浮かべてください

 

【奥社へのアクセス】
奥社には参道入口付近に約100 台分の駐車場が用意されています。冬季は雪のために利用できない可能性があるのでご注意下さい。マイクロバス以上の大きな自動車は有料駐車場をご利用ください。

 

※有料駐車場について
戸隠観光協会TEL:026-254-2888

 

心願成就・雨乞い・虫歯・縁結びのご利益がある九頭龍社

 

戸隠神社の九頭龍社

 

九頭龍社に祀られている九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)は「心願成就」「雨乞い」「虫歯」「縁結び」のご利益を与えてくれます。

 

元々、九頭龍大神は9つの頭と龍の尾を持つ鬼でした。しかし西暦800年中頃、「学問」という名の修行者が唱えた法華経の功徳によってこの地の岩戸に封印されました。

 

故に現在でも岩が御神体として祀られています。封印された後、善の神に転心し水神として人々を助けるようになりました。水神のためこれまでは農家からの信仰を集めていましたが、近年は「縁結び」のご利益から女性客が多く訪れているようです。

 

ちなみに奥社・九頭龍社は山奥なため、冬季は雪に閉ざされてしまいます。外界との接触が完全に断たれている期間に浄化されるため、強力な神気を保ち続けていると言われています。

 

【九頭龍社へのアクセス】
奥社のすぐ近く

 

指折りのパワースポット・戸隠神社でご利益を享受!

 

戸隠神社を巡るルートの紹介は如何でしたでしょうか?

 

筆者は社を1つ巡ることに日常のストレスから開放されていく高揚感を体感することができました。太古から神秘的な力が溢れる富樫神社を巡って是非とも、邪気を浄化させて新たな活力を得て下さい!

 

【関連】戸隠神社を巡る観光ツアーもあります
これまでご紹介してきた戸隠神社ですが、交通手段が不便なため、個人旅行で行くには困難・・・・という方におすすめなのが観光ツアーです♪

 

大手旅行会社が戸隠神社ツアーを催行中なので、ぜひこの機会に参加してみてはいかがでしょうか^^

 

 

以上、戸隠神社を観光!戸隠神社の見どころや魅力をご紹介....というご利益に関する話題でした。

 

 
このページの先頭へ戻る